美容整形の歴史は古い!|しわやしみの除去がしたい!フォトフェイシャルでしっかり解決!

美容整形の歴史は古い!

こちらを見ている女性

美容整形は形成外科から派生した技術です。形成外科の歴史は紀元前にまで遡ります。古代のインドでは、罪を犯した人の鼻を切り落とす罰が与えられていたのです。そして、社会に戻るときに鼻が切り落とされたままでは困るため、鼻の形成手術を行っていました。これが形成外科の始まりです。それから時代が流れ、1800年代に最初の美容整形の手術が行われたとされています。人種差別が横行していた時代、社会を生き抜く手段として顔立ちを変える必要があったのです。 日本では第二次世界大戦後、西洋の影響から目や鼻のパーツがハッキリとした顔が好まれるようになっていきました。当初は目を二重にしたり、鼻を高くすることが美容整形の手法だったのです。需要が高まるにつれて、施術方法の種類も増えていきました。

美容整形はもともと切り落とされた鼻を形成する手術から始まっています。そして今は、美しさを追求するために美容整形を行うことが多いです。美容整形が浸透し始めた当初は抵抗を感じる人も多かったのですが、技術の進歩によって出来る施術方法が増えました。なおかつ、整形したことが分かりにくい、ナチュラルな仕上がりになる施術方法も増えたことが大きいです。 今は施術をした後に入院をしなくてよかったり、直後からメイクをしたりすることが出来る美容整形が増えてきています。腫れる期間が短い施術方法もあるため、バレにくいというメリットもあります。長期間の休みを取れなくても、施術直後にメイクをして腫れた部分を隠すことが出来るため、そういった施術方法を選択すればバレずに日常生活が送れるのです。